まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

トレンドのボリューム&ラフ「束まつげ」で目力をアップさせる方法

トレンドのボリューム&ラフ「束まつげ」で目力をアップさせる方法

まつげのメイクを少し変えるだけで、顔の印象がガラッと変わりますよ。
メイクにトレンドがあるように、まつげの形や質感にもトレンドがありますよね。
これまではナチュラルアイメイクが基本でしたが、最近では、目元に重心があるメイクが復活しつつあるのです。
そこで見逃せないのが、「束まつげ」。
まつげ1本1本にボリュームを持たせ、ボリューム&ラフ感のある「束」にまつげに仕上げるメイクです。
束まつげは、ナチュラルでエアリーなセパレートまつげの繊細さをそのままに、1束1束にボリュームが出るため、目力が増します。特に下まつげを束にすると、優しくふんわりした印象になり、お人形さんのようにぱっちりとした目に。
ということで、今回は、ちょっとした工夫で一気にトレンド顔になれる、束まつげの作り方を紹介します。
マスカラがうまくできずに、ボーボーな感じになってしまうとお悩みのあなたも、ぜひ試してみてくださいね。

ボリュームたっぷり、束まつげの作り方

「束まつげ」とは、まつげの1本1本をマスカラでカールさせるのではなく、バサバサと瞬きの音がしそうなほど1本1本にボリュームをもたせるメイクです。
目元にボリュームが出てパッチリとした印象になり、気軽にイメチェンできます。下まつげも束にすれば、さらにパッチリ感が強調され、下まぶたのアイシャドウの色も映えますよ。

束まつげを作るためのアイテムの準備

まずマスカラ、ピンセットなどのアイテム選びから始めましょう。
束まつげはボリュームを求めるメイクですから、マスカラもカールタイプではなく、まつげを太く濃く見せることができるボリュームタイプを選びます。ダマになりにくいタイプがいいでしょう。
まつげが少なくて束にしにくい方は、繊維入りタイプのマスカラがおすすめです。
ブラシも、ボリュームが出やすいロケット型、ラグビーボール型などを使うと、束まつげを作りやすくなります。

それでは、実際に束まつげを作る手順を説明しますね。

1.ビューラーでまつげを上げる

まず、ビューラーで下から上にまつげをしっかりと上げます。これをするのとしないのでは、目の印象が全然違います。「ビューラーで美人メイクを実現する方法」を参考に、ぜひ毎回のルーティンとしてしてください。
同じように、下まつげも下げてください。

2.マスカラをしっかり根元から左右に動かしながら塗る

まつげ1本1本に最大限にボリュームをもたせるために、根元からしっかりとマスカラをつけていきます。
根元に当てたマスカラをすぐ上に上げずに、3秒ほどキープして、マスカラ液が根元にきっちりとつくようにしてください。
上に上げていくときは、ブラシを左右ギザギザに細かく動かせば、長さやボリュームがより出しやすくなりますよ。
センター部分だけでなく、ブラシの細い部分を使って、目頭や目尻に隠れている細かいまつげも逃がさず、隅々まで塗って、目をパッチリさせましょう。

3.マスカラを縦に持ち替えて上に抜くように塗る

今度はマスカラを縦に持ち替えて、ブラシの先端で、上にスッと抜くイメージで、まつげにボリュームをプラスします。あまり作り込みすぎず、あくまでも上に抜くように、さらっと塗るぐらいが効果的です。
ダマになってしまったときは、コームでとかしてあげましょう。
ただ、束まつげのポイントは、なんとなく大ざっぱな、「ラフ感」です。あまりとかしすぎてしまうと、ラフ感が失われてしまうので、ダマ部分をとかすだけにしておきましょう。
次の「束にする」作業は、マスカラが乾ききらないうちにしますので、ここで両方の目に一気に塗ってしまうのではなく、片方ずつ仕上げていきましょう。

4.2~3本ずつまつげを束にしていく

マスカラがしっかりと乾くまでに、ピンセットや毛抜きを使って、まつげを2~3本ずつ優しくくっつけて、束にしていきます。
慣れないうちは、ちょっと難しいかもしれません。
ピンセットにマスカラが付いて、せっかくつけたまつげのボリュームが減ってしまったり、束の先がうまく仕上がらいようなときは、ピンセットの代わりに指や綿棒、ティッシュなどを使うと、うまくいきます。優しくまつげの先をつまんで束先にちょっとねじりを加えて、綿棒やティッシュの先を位置を微調整していきます。
同じぐらいの長さのまつげが束にしやすいので、長さが足りないまつげがあったら、縦にしたマスカラで長さをプラスしてあげましょう。
これを左右の目繰り返し、マスカラが完全に乾けば、束になったまつげのできあがりです。

ダマになってしまう人のためのコツ

マスカラはの扱いが苦手な人もたくさんいると思います。マスカラをしっかり塗ると、束というよりもダマになってしまっては、せっかくのメイクも台無しですよね。
もうダマにならない!マスカラのコツを覚えましょう」も参考にしてほしいのですが、劣化していないかどうかちゃんとチェックしたり、マスカラコームをティッシュでよく掃除してあげたりしてください。
あと、マスカラブラシを上下にしごき過ぎてしまうと、ボトル容器に空気が入って、マスカラ液が乾いてしまいます。これがダマを作ってしまう原因かもしれません。ダマになりやすかったり、伸びが悪く粉っぽい質感になってしまうと感じたときは、ボトル容器をお湯に浸けて温めてあげると、伸びがよくなります。
塗ったマスカラがダマになってしまった場合は、きちんとコームでとかしてあげましょう。

束まつげと合わせるメイクは?!

束まつげにしたときのアイメイクは最低限で大丈夫です。
十分に目が際立っていますので、アイラインは極細もしくは目尻のみで良いでしょう。アイシャドウも濃すぎると目元のインパクトが強くなりすぎますので、ヌーディーカラーやブラウンシャドウを薄くのせるなど、できるだけ控えめに。
眉もしっかり描かず、マスカラやパウダーでヌケ感を出しておくのが合います。
また、せっかく束まつげで目元を主役にしているのですから、ベースメイクは薄めに。チークやマットな肌だと、なんとなく古臭い印象になってしまいます。リキッドファンデや極薄パウダーで、ツヤ感のあるベースにしましょう。
リップは存在感のある色を選ぶと、バランス良く決まります。

まとめ

いかがですか?
ちょっとコツを覚える必要がありますが、今トレンドの束まつげにぜひチャレンジして、ぱっちり目元を実現してみてくださいね。
また、まつげの健康を保つためにはまつげ美容液も忘れないでください!

SNSでフォローする