まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

アイメイク落としは、まつげにも目元にも優しいアイメイクアップリムーバーが欠かせない

アイメイク落としは、まつげにも目元にも優しいアイメイクアップリムーバーが欠かせない

アイシャドウ、アイライナー、マスカラなど、多くの女性がアイメイクにばっちり時間をかけていることと思います。
アイメイクというと、長くもたせることばかりに気がいってしまいますが、きちんと落とすとことも、それ以上に大切なことです。
アイメイクは濃いものなので、きちんと落とさないと目元がより乾燥してしまったり、肌荒れを起こす原因になることもあるのです。
ベースメイクに使うクレンジングでゴシゴシこすって落としていたりしませんか?
そこで今回は、アイメイクアップリムーバーの使い方と注意点、自分に合ったアイメイクアップリムーバーの選び方をご紹介いたします。

アイメイクリムーバーって何?

アイメイクアップリムーバーとは、マスカラやアイライナー、アイシャドウなどの目元のメイクを落とすための専用クレンジングです。
普通のクレンジングではダメなの?と思う方もいるかもしれません。
薄いナチュラルメイクや、お湯だけで落ちるタイプのマスカラやアイライナーを使用している人の場合はそれでもいいかもしれませんが、しっかりメイクの人や、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使用している場合は、アイメイクアップリムーバーで落として目元をいたわることをお勧めします。
なぜなら、まばたきの摩擦、粘膜部分からの涙の分泌など、本来メイクが取れやすい目元部分のメイクがなぜ長時間キープできているかというと、ファンデーションなどのベースメイクに比べて、取れにくいようにできているからです。
顔用のクレンジングでアイメイクをきちんと落とそうとしても、すんなり取れることはありません。そこで、ついこすりすぎてしまって、目元に刺激を与えてしまうことになります。
でも、目の周りの皮膚は0.6mmしかなく、他の部分と比べて4分の1ほどの薄さしかありません。ゆで卵の薄皮にもたとえられるデリケートな部位です。
そんな皮膚をゴシゴシこすったら、しわの原因になるだけでなく、メラニンを刺激してクマやシミの原因にもなってしまうことになります。
それに、目元は皮脂腺も汗腺も少ないので、クレンジングでゴシゴシ落とすと乾燥してしまい、これもまたしわの原因になるばかりか、摩擦によってまつげが抜けやすくなることもあるのです。
落としにくいアイメイクも、最小限の力で優しくしっかりオフするために作られたのが、目の周り専用のアイメイクアップリムーバーです。
通常のクレンジングより洗浄力が強く、油と水の二層を混ぜて使うもの、オイルっぽいもの、涙と同じphでできているものなどもあります。
アイメイクに馴染みやすくできているので、負担なくすんなりと落とせます。

ここまで読んで、メイクをパーツ別に分けて落とすのは面倒くさい、と思ってしまう人もいるかもしれませんが、ひと手間をかけることで次のようなメリットがあります。

肌の乾燥が抑えられる

目元は特に皮膚が薄く繊細な部位です。顔用のクレンジング料でアイメイクまで落とそうとすると、ゴシゴシこすってしまうことになるので、肌に摩擦が生じ、乾燥しやすくなります。アイメイクアップリムーバーを使えば、頑固なアイメイクもすんなり落とせます。

ポイントメイクの繊維やラメが肌を傷つけるのを防げる

ポイントメイクとベースメイクを一緒に落とすと、マスカラの繊維やアイシャドウのラメなどが頬などに付着してしまいがちです。これがまた肌への刺激になってしまいます。

ベースメイクに合わせたクレンジングが選べる

アイメイクを落とせるかどうかでクレンジングを選んでいる人も多いと思いますが、アイメイクとベースメイクを別々に落とすなら、ベースメイクに合わせたクレンジングを選ぶことができます。

アイメイクアップリムーバーの使い方

  1. アイメイアップリムーバーをコットンにしっかり染み込ませる
    アイメイクを手で落とすと刺激になりやすいので、コットンがひたひたになるまでアイメイアップリムーバー染み込ませまましょう。量が少ないと摩擦が起きやすくなるので、裏面もひたひたになるくらいたっぷり染み込ませるのがコツです。もったいないと感じる人は、コットンを目の大きさにカットしてみるといいでしょう。オイルタイプの場合は、コットンを蒸留水で湿らせておくと節約になります。
  2. まぶたの上にコットンを置いて約10秒待つ
    コットンを目のパックのようにして優しく当てることを意識してください。10秒ほどで、マスカラやアイシャドウなどのアイメイクが浮いてきます。10秒待てずに、まだ十分にメイクが浮き上がっていない状態で、ゴシゴシこすりながら拭き取ってしまうのは絶対にNGです。また、リムーバーが入らないように目はしっかり閉じましょう。
  3. コットンでまつげをはさみ、優しく拭き取る
  4. 綿棒にリムーバーを染み込ませる
  5. コットンを2つに折って、目の下に置く
  6. 綿棒とコットンを使ってマスカラを落とす
    まつげの下にコットンを当てて、目をつぶって、リムーバーを染み込ませた綿棒で、根元から毛先に向かって回すようにして、マスカラを落としていきます。まつげを抜いてしまわないように注意しましょう。綿棒が黒くなったら新しい綿棒に変え、数回繰り返します。これを両目に行います(使用するコットンは片目で1枚です)。このときも、リムーバーが入らないように目はしっかり閉じましょう。
    眉のメイクを落とすときも、眉頭(まゆがしら・眉の内側)から眉尻(まゆじり・眉の外側)に向かって一方向だけに動かすのではなく、眉尻から眉頭に向かっても動かし、両方向でしっかり落とすようにしましょう。
  7. リムーバーを染み込ませた綿棒でアイラインを落とす
    最後に、コットンで、アイメイクを全体的に落とします。目元全体を包み込み、上から下だけではなく、上からアイライン付近で目尻に引き、L字にふき取りましょう。粘膜ギリギリにラインを描いている場合も、ここで落とします。目に入らないように慎重に行いましょう。アイメイクを落とした後、全体的なクレンジングをする歳には、目の周りは通り過ぎる感じにとどめてください。
  8. メイクを落とした後はしっかり保湿する
    洗顔後は、お肌がデリケートな状態になっています。しっかりと化粧水・美容液・乳液で保湿をしてください。特に、アイメイクリムーバーを使用した場合は目元が乾燥しがちなため、重ね塗りするといいでしょう。

アイメイクアップリムーバーの上手な選び方

アイメイクアップリムーバーは、使用しているアイライナーやアイシャドウに合わせて選びましょう。マスカラの成分は様々なものがありますので、注意が必要です。また、ウォータープルーフの場合は、リムーバーもそれに対応しているものを選ぶ必要があります。

アイメイクアイテムと同ブランドのものを選ぶ

上にも書いたように、とくにマスカラなどの場合は成分が様々な場合があるので、使っているアイメイクアイテムと同じブランドやメーカーのアイメイクアップリムーバーを選ぶのが無難です。これは、メーカーでも、自社商品がきちんと落ちるかどうかを実験して開発をしているためです。

肌にやさしいものを選ぶ

アイメイクリムーバーは通常のクレンジングよりも洗浄力が強いので、デリケートな目元に負担になる場合もあります。洗浄力で選ぶのではなく、低刺激なタイプや無添加タイプを選んだり、サンプルで試すなどして、刺激などのトラブルが出にくいものを使用しましょう。
また、肌の状態によっては、アイメイクリムーバーの配合成分との相性がよくない場合もあります。肌がピリピリする、赤くなる、といった状態になったらすぐに使用を控えましょう。肌が乾燥しがちな方、敏感肌の方は、全成分表示を事前に確認することをお勧めします。

マツエクの人はオイルフリーを選ぶ

マツエクをしているならご存知だと思いますが、マツエクの接着剤であるグルーは油分に弱いため、オイルタイプのクレンジングはNGです。マツエクを長持ちさせるために、アイメイクアップリムーバーもオイルフリーのものを選ぶようにしましょう。

アイメイク落としは、まつげにも目元にも優しいアイメイクアップリムーバーが欠かせない まとめ

今回は、アイメイクリムーバーについて紹介しました。
アイメイクは、落とすまでがひとつのステップです。そして、正しく優しく落とすのが重要です。
これに気をつけるだけで、数年後の目元のシワやシミの数が変わってきますよ。
正しいクレンジングで、いくつになっても魅力的な目元をキープしましょう!

SNSでフォローする
  - PR -