まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

今さら聞けない、まつげパーマとまつげエクステの違いとは?

目元のメイクは顔の印象を大きく変えてくれます。
目を大きく見せるまつげのカールやボリューム、長さなどに気をつかっている人も多いことでしょう。
そんなまつげケアで今や欠かせないのが、まつげパーマとまつげエクステではないでしょうか。でも、この2つの違いをしっかり理解できていない人もいらっしゃると思います。
ここでは、意外と知らないまつげパーマとまつげエクステの違いや両者の特徴についてご紹介していきます。

綺麗なカールが持続する!まつげパーマ

まつげパーマとは

まつげパーマとは、簡単に言うと、パーマとついている通り、まつげを専用パーマ液によってまつげカールさせることを言います。
まつげパーマに使うパーマ液は、髪の毛用のパーマ液と違って目に入りづらいようジェルタイプ、クリームタイプになっています。施術する時は、思うようなカールになるようビューラーやロットで固定し、パーマ液を使ってカールさせます。目に入りづらいような工夫はされていますが、パーマ液に含まれている揮発成分が目にしみることもあります。
万一、パーマ液が目に入ってしまうと激痛に襲われますので、その場合はすぐにサロンの人に言うようにしましょう。もし、パーマ液を塗り終わっても痛みがおさまらないようなら、それが激痛ではなくても、きちんと伝えましょう。

ビューラーとロッド、まつげパーマの2つのタイプ

まつげパーマには主に2つの種類があります。
1つはビューラータイプで、ビューラーでまつげを挟んでパーマをかけるものです。あまり技術が必要ない代わりに、根元からしっかりまつげを上げたいという人にはもの足りない可能性があります。
もう1つがロッドタイプで、まぶたにまつげ用ロッドを貼りつけ、そこにまつげを巻きつけていくため、まつげをしっかり持ち上げることができますが、施術者の技術で仕上がりに差が出てきます。

まつげパーマのメリット・デメリット

まつげパーマのメリットは、まず、綺麗なカールが持続することでしょう。自分でビューラーを使ってカールさせただけだと、洗顔、プール、海などでまつげが濡れるとカールは取れてしまいますが、まつげパーマならそういった心配が不要です。
また、ビューラーを使わなくて良いので、その分メイク時間を短縮することができます。
もう1つ大きなメリットとして、まつげパーマをかけるとまぶたが持ち上がって一重まぶたが二重まぶたになる、重い印象のたるみがちなまぶたが持ち上がり印象が明るくなる、ということなどがあげられます。

反対に、デメリットとしてはパーマ液によってまつげが傷むということがあります。

とくに、美容室などの中には、髪の毛のストレートパーマ用の液を転用している店があります。そのような強い液を使うと、まつげがちりちりになってしまうことがあるのです。
厚生労働省によれば、そもそもパーマは頭髪用のみに限って認められているため、国産のまつげパーマ液は存在しません。海外ではまつげパーマを認可している場合もあり、現在販売されているまつげパーマ液のほとんどは輸入品です。輸入品を使用して国内でまつげにパーマをかけているエステや美容室で事故が起こっているのです。

また、まつげパーマは自分のまつげをカールさせているだけですから、まつげの量が増えたり長さが変わったりするものではないということも知っておきましょう。

とにかくボリュームアップしたい人はまつげエクステ

まつげエクステとは

まつげのエクステは、専用グルーを使って自分のまつげにエクステを1本ずつくっつけていくというものです。
カール、太さ、長さに種類があるため、自然さを重視したい人だけでなく、とにかくボリュームアップさせたい人にとっても、好みに合わせた選択が可能です。
強力なグルーを使うことが多いため、乾燥するまでは目にしみることがあります。乾燥しきったらおさまることがほとんどですが、おさまらない場合はサロンの人に伝えましょう。また万一、目に入ってしまうとかなりの激痛なので、この場合はすぐに言いましょう。
なお、グルーが完全に乾くまで4時間から5時間くらいかかります。

まつげエクステの後は違和感があるという人もいますが、慣れれば気にならなくなることも多いので、少し様子を見てみましょう。
かゆみや痛みが治まらなかったり腫れてきたりという場合には、体質の問題か、エクステが自分のまつげにきちんとついていなかったり取れかけている可能性があるため、施術してくれたサロンへ相談するようにしてください。

自まつげとの馴染みなどで3つの種類があります

まつげエクステは、2~4週間に1度ほどでリペアの必要があると言われています。
まつげは他の部分の毛よりも生え変わるサイクルが早いため、タイミングによってはせっかくつけたエクステがまつげと一緒に抜けてしまうこともあります。
なお、まつげエクステには3種類あります。
カールが取れにくく、廉価な「シルク」は自まつげと馴染みづらいため、初心者は違和感を覚えやすいかもしれません。自まつげと馴染みやすく自然な仕上がりとなるのが「ミンク」、仕上がりや馴染みも良く、初めての人にもオススメなのが「セーブル」です。

まつげエクステのメリット・デメリット

まつげエクステはメイクの時間を短縮できますし、すっぴんでも自信が持てるようになるということが1番のメリットと言えるでしょう。自分の理想のまつげをつくることができるというのも大きなメリットです。
反対にデメリットとしては、まつげメイク(つけまつげ、マスカラ、まつげパーマ、まつげエクステ)の中では、最もコストがかかることが挙げられます。
また、普段のケアでエクステが取れてしまわないかと気を遣ってしまうということもデメリットと言えるでしょう。
「まつエクでも大丈夫なメイク落としのコツと選び方」では、特に気をつかう洗顔時の悩みを解決してくれるクレンジング方法を紹介していますので、ぜひご覧ください。

自まつげにエクステをつけるという形式のため元々まつげが少ない、部分的にまつげがない人にはまつげエクステは向いていません。

どちらを使えば良いのか

まつげパーマが向いているのは、逆さまつげのようなまつげのクセで悩んでいる人、まつげエクステが向いている人は、まつげの長さやボリュームを出したい人、すっぴんの時でも目力が欲しい人と言えるでしょう。マスカラがにじみやすい人、プールや海に行く機会が多い季節などにも向いています。
「アトピー性皮膚炎の悩みとまつげケア」では、皮膚が弱かったり、アトピー性皮膚炎の方にとって、まつげエクステやまつげパーマは大丈夫かどうかについてご紹介しています。ぜひご覧ください。
まつげパーマとまつげエクステ、それぞれに向き不向きもありますので、自分に合った方を選んで、素敵なまつげ美人を目指してください。

SNSでフォローする