まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげを健康にするためには何を食べればいいの?

アイラインやアイシャドウ、マスカラビューラーつけまつげなどを駆使して、まつげを綺麗に見せるメイク方法はたくさんあります。
でも、自分のまつげそのものを綺麗にするにはどうすれば良いのでしょうか。
当サイトでは様々な方法をご紹介していますが、今回は食べ物によって綺麗にする方法について見てみましょう。

まつげを育毛効果を考えて栄養素をとりましょう

綺麗なまつげのためには、何よりも、まつげを健康にすることが必要です。
そのためには、まつげ美容液を使う、まつげを綺麗にする一方で、傷める原因にもなるまつげパーマやエクステを少し休む、といった方法も取り入れる必要があります。
手軽に実行できるのは、まつげの健康に良い食べ物を積極的に摂るということです。
まつげの健康に良い食べ物を摂ることで、メイクによって蓄積されるダメージを緩和し、丈夫で健康なまつげにすることもできます。

まつげに良い栄養素と食べ物

髪の健康には海藻が良いと言われますが、それと同じように、まつげに良い栄養素を含んだ食べ物も存在します。
まつげは体毛の一種ですので、育毛に効果が高い栄養素を積極的に摂るようにすれば、美しく健康なまつげを保つことにつながります。
では、どういった栄養素が効果的なのでしょうか。

メチオニン

髪をはじめとする体毛を構成しているのはたんぱく質ですが、そのほとんどをケラチンという物質が占めています。
ケラチンは18種類のアミノ酸からなりますが、その中でも、シスチンというアミノ酸が大きな割合を占めています。このシスチンの材料になるのはメチオニンという必須アミノ酸です。
メチオニンは、健康的な髪を育むのに重要で、食事から摂取することが大切です。育毛効果以外にも、老化防止や肝機能向上、アレルギーやうつ症状の緩和、改善などにも効果的があると言われています。
メチオニンを多く含んでいる食品としては、ナッツ類、豆腐、牛乳、チーズ、かつお、マグロ、鶏肉、羊肉、牛肉などが挙げられます。

L-シスチン

L-シスチンに含まれているイオウには、体毛だけでなく、爪や皮膚の主成分となるたんぱく質を作る重要な役割があると言われています。
L-シスチンは老化防止や、病気になりにくくする効果があると言われ、美白・美肌効果を期待できる成分としても注目されています。
L-シスチンが多く含まれている食品は、小麦粉、牛乳、オートミール、鮭、羊肉、牛肉などです。肉類から摂取する場合、野菜など他の食品と上手く組み合わせてバランス良く色々な栄養素を摂るように気をつけましょう。

ビオチン

ビオチンは水に溶けやすいビタミンの一種で、脂質やアミノ酸の代謝・分解を助ける働きがあります。
ビオチンが体内で最も多く存在しているのは肝臓で、続いて腎臓、筋肉、乳腺、消化管という順になっています。
ビオチンがなぜまつげにとって重要な成分なのかというと、ビオチンが不足すると、アミノ酸からたんぱく質を作るのがスムーズにできなくなり、たんぱく質が主な成分である体毛のほか、粘膜や皮膚の生成にも影響が出てしまうからです。
ビオチンを多く含んでいる食品は、ほうれん草、大豆、卵、ヨーグルト、魚介類、牛レバーなどです。

亜鉛

ミネラル成分のひとつとして知られる亜鉛は、毛をはじめとして皮膚、血液、肝臓、腎臓、骨などの細胞内に存在しています。
毛の主な成分であるたんぱく質の合成を助ける酵素を構成する成分で、代謝を助けて毛の生え変わりや皮膚のターンオーバーを促進する役割があります。亜鉛には、抜け毛の予防以外にも、二日酔いの防止、成長の促進、正常な味覚を保つ効果があります。ミネラルの中でも不足しやすい成分ですので、意識して摂取するようにしましょう。
亜鉛を多く含んでいる食品は、納豆、カニ、生ガキ、豚レバー、牛肉などです。

ポリアミン

ポリアミンとは、細胞分裂やタンパク質の合成にかかわる物質で、細胞を持つ様々な生物に存在しています。身近なところでは、納豆などの大豆発酵食品に多く含まれています。
ポリアミンには正常な新陳代謝を行うのに大切な役割があります。ポリアミンが不足してしまうと、細胞の老化が激しくなると言われています。毛の新陳代謝にも大切なので、欠かせない栄養素の1つと言えるでしょう。
ポリアミンを多く含んでいる食品は、鶏肉、チーズ、大豆発酵食品、きのこ類などです。

この他のまつげに良い食べ物

ここで紹介した以外にも、ビタミンAを多く含む小松菜、ほうれん草、ニンジンなど緑黄色野菜、ビタミンEを多く含む胚芽米、玄米、ナッツ類などには、血行を良くしてくれてまつげが抜けにくくなる効果があると言われています。
また、美肌に良いとされるオレンジ、レモンなどの柑橘類はビタミンPを多く含んでおり、これもまつげにも良い効果をもたらすことでしょう。

まとめ ~バランス良く食べることの大切さ

まつげを健康に保つための栄養素、それが含まれている食べ物などをご紹介してきましたが、では、ここにあげたものだけを食べていればいいというわけではありません。健康的なまつげのためだけでなく、身体全体の健康にとってもバランス良くなるように、様々な食品と組み合わせて食べることが最も大切なことです。
中には過剰摂取しすぎると良くない場合もありますので、特定の栄養素だけを集中して摂るということのないよう、注意して、まつげだけでなく、女性として輝けるようになりましょう。

SNSでフォローする