まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

カールを長持ちさせ、マスカラの効果を最大限アップしてくれるマスカラ下地を使いこなそう!

カールを長持ちさせ、マスカラの効果を最大限アップしてくれるマスカラ下地を使いこなそう!

湿気っぽかったり、汗をかく季節は、どうしてもまつげのカールがだれてしまいますよね。朝せっかくきれいにカールさせたのに夕方には下がっているのを見ると、本当にショックですね。このカール、どうやってキープするかということは永遠の課題ですよね。
ところでみなさんはマスカラ下地を使われているでしょうか。
化粧下地と違って、マスカラ下地を使用していない方は案外多いかもしれません。
でも、じつは自然なアイメイクをつくるために、マスカラ下地はとっても重要なんです。
可愛らしいはっきりとした目元を作るのに欠かせないのがマスカラ下地。今回は、カールキープだけでなく、ボリュームアップやロングアップ効果も期待できるマスカラ下地についてご紹介します。

どうしてまつげをキープできないの?

まつげのカールをキープできない理由については、別の記事でも紹介しましたが、ここで簡単におさらいしておきましょう。

  • まつげの水分や油分が落ちていない
    化粧水や乳液、下地やファンデーションなどが付着しているとカールは長持ちしません。
  • ビューラーが劣化している
    軸が緩んでしまっていたり、ゴムが古くなってしまっていたり、汚れが付着したままのビューラーでは、ちゃんとしたカールを作れません。
  • ビューラーの使い方が正しくない
    まつげの伸びている方向に従い、3段階で緩やかにカーブさせてください。詳しくはこちらの記事をどうぞ → ビューラーで美人メイクを実現する方法
  • マスカラを重ねすぎている
    マスカラを重ねすぎると重くてまつげが下がってしまいます。
  • まつげの毛質による
    髪にも、太い髪や細い髪、うねりやハネなどクセがある方がいますよね。それと同じように、まつげにもクセ毛があるんです。まつげのクセには、先天的なものと後天的なものがありますので、こちらの記事を参考に原因をチェックして、まつげをまっすぐに改善しましょう。→ ガンコな「クセまつげ」で悩んでいる人のためのまつげケア

今さら聞けない!? マスカラ下地って??

マスカラ下地というのは、その名の通り、マスカラの下地としてマスカラを使う前にまつげに塗るメイクアイテムです。メーカーや商品によっては「マスカラベース」と呼ばれることもあります。
マスカラを塗る前に、ちょっとひと手間加えるだけで、よりキレイな目元に仕上げてくれます。マスカラ下地を使うとビューラーでカールさせたまつげを、よりしっかりとキープできるようになります。
美容成分がたっぷりと含まれているマスカラ下地もたくさんあり、美容成分のトリートメント効果でまつげをダメージから守ってくれるんですよ。
ひとつでも下の項目に当てはまるような方は、ぜひ、一度お試しください。

□ まつげを長く見せたい
□ ボリュームのあるまつげを作りたい
□ マスカラで目を大きく見せたい
□ まつげのカールを夕方までキープさせたい
□ マスカラが付きにくいと感じる部分がある

24時間落ちにくいウォータープルーフのマスカラなどを使う際にも、まつげ下地を塗っていれば、クレンジングに時間をかけなくてもきれいに落とせます。

まつげ美容液とまつげ下地は違うの?

まつげ美容液とまつげ下地、どちらもまつげに付けるものですが、マスカラやビューラーなどからの刺激から、まつげのキューティクルを保護してくれるまつげ下地は、毛根に働きかけるということはありません。マスカラの持ちを良くしたり、発色や艶出し効果を向上させてくれるのがまつげ下地です。
まつげ美容液は健康的なまつげを育て、育毛成分によってまつげに栄養を与え、薄くなったまつげを濃くしたり、太く豊かな自まつげを作るためのものです。ただし、短期間では効果は実感できません(こちらの記事で正しい使い方を説明しています)。
マスカラ下地はまつげを上げた後のカール力を補強するもの、まつげ美容液はまつげのトリートメントだと思うと理解しやすいかもしれません。

まつげ美容液とまつげ下地は同時に使えます。
まつげ美容液は朝の洗顔後、メイクをする前につけますが、まつげや毛根に馴染むまで時間がかかります。少し時間をあけて、よく浸透した後にマスカラ下地をつけましょう。早く付けすぎてしまうと、マスカラがの油分や美容成分でカールが長持ちしません。

最近では、まつげ美容成分入りのマスカラや、まつげ美容成分のあるまつげ下地も売られています。外箱や説明書に「マスカラ下地として使えます」などと説明されているものを選ぶと、お化粧しながらまつげケアができます。
強く健康なまつげはビューラーもかかりやすく、自然にカールします。
就寝前には通常のまつげ美容液、メイクの際には美容液入りマスカラを使ったらいいですよ。

もっと早く知りたかった!マスカラ下地の効果

まつげのボリュームをアップする

マスカラ下地をマスカラ前に塗っておけば、ボリュームアップのマスカラの効果を最大限にアップしてくれます。マスカラがダマになったり、1本1本に塗るのが難しいという人でも、マスカラ下地を塗ると、まつげ1本1本にマスカラが定着しやすくなります。ダマになったり、目の下が黒くなることを防ぎます。

まつげのダメージをやわらげる

まつげは、マスカラやクレンジングでダメージを受けやすい部位です。マスカラ下地は、そんなまつげの表面にコーティングをつくり、まつげをケアしてくれます。ます。まつげを傷めてしまうことがあるホットビューラーを使う場合にもまつげを保護してくれ、ダメージは最小限に済みます。美容液を含んでいるものやお湯で簡単にオフできます。

まつげのカールをキープしやすくする

ビューラーで上げたまつげが夕方までキープできます。

マスカラ下地の使い方をおさらい

まつげのカールを夜までキープし、メイクくずれのパンダ目を防ぐ方法」でも説明しましたが、ここでもう一度、マスカラ下地の使い方をおさらいしておきましょう。前後も含めて詳しく知りたい人は、上のリンク先の記事を参考にしてくださいね。

  1. まず、綿棒でまつげに残った水分やホコリをよく取り除いてください。
  2. ビューラーで根元・真ん中・毛先とまつげをカールをさせていきます。
  3. コームやスクリューブラシでまつげ一本一本絡みをとります。
  4. マスカラ下地を塗ります。ブラシに液が偏っていたりたくさん付いていたら、均一に塗れるように、一度ティッシュオフしましょう。
    まずは中央のまつげの根元から左右にジグザグと揺らし、まつげを上に持ち上げるように付け、目頭・目尻も同様につけます。全体的に均一になるように。塗りすぎてしまうとカールが取れてしまうこともありますから、塗りすぎには注意です。
    下まつげは、縦に持ち替えて下に引くように付けていきます。
    最後にコームで余分な液を取り除き、整えればマスカラ下地は完成です。
  5. 完全にマスカラ下地が乾く前にマスカラを重ねて塗ります。

マスカラ下地とマスカラ、2回塗るのは手間かもしれませんが、まつげがその分しっかりカールされて長時間キープされるのですから、手間惜しみはやめましょう。
ホットビューラーを使うときは、まつげ美容液を先に塗っておくと、傷みにくくなりますよ。

マスカラやマスカラ下地を落とすときは、フィルムタイプはお湯で、それ以外は、クレンジングで落ちにくいマスカラを落とすときにまつげが切れたり、抜けてしまうのを防ぐため、アイメイクアップリムーバーを使いましょう。目元をこすってしまい、まぶたや下まぶたが茶色に色素沈着するのも防いでくれます。アイメイクアップリムーバーも、トリートメント効果があるものを選ぶといいでしょう。
アイメイク落としは、まつげにも目元にも優しいアイメイクアップリムーバーが欠かせない」という記事を参考にしてくださいね。
マツエクをしている人は、まつエクでも大丈夫なメイク落としのコツと選び方という記事を参考にしてください。

美容成分が入っているものであっても、マスカラ下地は基本的にはマスカラの下地ですので、寝る前には付けないほうがいいでしょう。まつげケアをするのであれば、通常のまつげ美容液の方がお勧めです。

マスカラ下地の選び方

マスカラ下地には様々なタイプがありますので、どれを選べばいいのか、迷ってしまうかもしれませんね。

カラーは主に3色あります

マスカラ下地にはカラーバリエーションがありますが、使いはじめは黒や透明の目立ちにくいものを選ぶのがいいでしょう。

  • 白色の下地は、塗った箇所が目に見えてわかりやすいのが特徴ですが、マスカラを丁寧に塗らないと、白残りしてしまうことがあります。きちんとまんべんなくまつげ下地を塗ってコーティングしたい場合に適しています。
  • 黒のマスカラ下地は、黒々としたはっきりした目元を作りたい場合は黒がお勧めです。マスカラ下地は目立ちませんが、どこに塗ったかわからなくなってしまうこともあります。
  • 透明のマスカラ下地は、ナチュラルメイクや初心者にオススメです。

形状はブラシとコームの2種類

先端や目尻の方を塗る際に使いやすいと感じるほうを選びましょう。
毎日使うものなので、自分が使いやすいかたちのマスカラ下地を選ぶことも重要です。
まつげにもしっかり密着してくれるので簡単に塗ることっができます!
1本1本が束になりやすいので注意が必要です!

  • ブラシ型のマスカラ下地は、まつげを太く見せたりボリュームを出したいときに有効です。ストレートやアーチ状のものがあるので、目の形にフィットするものを選びましょう。
  • コーム型のマスカラ下地は、まつげに1本1本のセパレート感を出したい場合に有効です。根本からしっかりとまつげをキャッチしてくれるので、パッチリとした印象的な目元になります。

種類から選ぶ

こちらは、ボリュームタイプとロングラッシュタイプ、カールタイプ、トリートメントタイプなどがあります。
ファイバーが入っていないタイプは少し物足りなく感じる人もいるかもしれませんが、その分、マスカラでボリュームタイプを選ぶなどすれば、思うまつげを作ることができます。

  • ボリュームタイプのマスカラ下地は、まつげ一本一本をコーティングし、ボリュームを出しながら密度の濃いまつげになります。自まつげの量や長さを気にしている方にお勧めです。
  • ロングラッシュタイプのマスカラ下地は、ファイバーが含まれており、まつげに長さをプラスしてくれます。
  • カールタイプのマスカラ下地は、ビューラーで上げたまつげのカールを長時間キープしてくれます。
  • トリートメンタイプのマスカラ下地は、まつげをダメージから守り、本来のハリを取り戻してくれます。まつげ美容液成分が配合されています。

カールを長持ちさせ、マスカラの効果を最大限アップしてくれるマスカラ下地を使いこなそう! まとめ

いかがでしたか。
目元を印象的にメイクしたい方にとって、マスカラ下地は必須アイテムだということがおわかりいただけたでしょうか。
ぜひ、マスカラ下地を日々のメイクに取り入れてみましょう。

SNSでフォローする
  - PR -