まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

目の形に合わせたつけまつげの選び方

今回は、目の形ごとの“つけまつげのコツ”についてご紹介します。

つけまつげは目の印象を変えるのに非常に便利なアイテムです。
ですが、目の形というのは人によって様々です。つけまつげをその人の目に合わせ、自然で綺麗な印象を与えるためにも、それぞれの目の形に合ったつけ方を選び、まつげ美人を目指しましょう。

目の大きさごとのコツ

目の大きな人は控えめに

元々目が大きい人の場合、何もしていなくても強いインパクトがあります。そのため、つけまつげをつける時は気をつけないと派手になり過ぎてしまい、綺麗というよりもやり過ぎているという印象を与えてしまいます。ですから、目の大きい人はつけまつげのボリューム・長さを控えめにした方が、自然な感じに仕上がります。
また、ギザギザタイプのつけまつげだときつい印象を与えがちです。シルエットが曲線的なつけまつげを選ぶようにしましょう。

目の小さな人は適度なボリュームを

目が小さく目の幅自体も小さいという人は、まずつけまつげを自分の目の幅に合わせてカットします。目尻側をカットすると自然な仕上がりになります。つける時には目の縦・横両方の幅を広げるように意識してください。
縦幅を出すためには、ボリュームが適度にあるようなつけまつげを選びます。横幅を出すには、アイラインを目尻よりもちょっと長めに引いて、そのアイラインに合わせて目尻の方からつけまつげをつけていきます。

まぶたごとのコツ

一重の人はポイントを目尻に

一重まぶたでは目の中央辺りから目尻まで、上まぶたが被り気味になっている人が多いため、つけまつげをつける時はポイントを目尻におきます。この時、つけまつげはフルサイズよりもハーフサイズを使ったほうが、仕上がりが自然になります。もしハーフサイズがない場合は、フルサイズをカットして使いましょう。

つけまつげをつける前の準備として、アイラインを丁寧に引き、自分のまつげはビューラーを使ってカールさせて、そのカールをマスカラでキープしておきます。手間はかかりますが、仕上がりの自然さのためには大事な一手間となります。また、つけまつげは目尻部分を長めにするのがオススメです。もし、もっと大きく見えるようにしたいなら、インサイドラインを下まぶたに引くと良いでしょう。また一重の場合、長過ぎるかもしれないくらいのつけまつげでも、意外に自然な仕上がりになります。
マスカラ、ビューラー、アイライナーを使うときの注意点は次の記事を参考にしてください。

二重の人は目尻から黒目までの間に

二重まぶたの人は、つけまつげをそのまま普通につけても問題はありません。より自然に見えるようにしたい、という場合は目尻から黒目までの間につけると良いでしょう。もしくは、粘膜からまつ毛の生え際にかけて接着するようにします。
難しい場合は、まつげの上に被せるようなイメージでつけるとつけやすくなります。注意したいのが、二重だからと言ってまつげより下につけまつげをつけないようにする、ということです。これをやってしまうと、奥二重や三重に見えるだけでなく、目の大きさも小さく見えてしまうことがあります。

奥二重の人は目頭部分をカット

奥二重だとフルサイズのつけまつげをそのまま普通につけると、目頭辺りの上まぶたにつけまつげの軸が当たったり刺さったりして痛みを感じることがあります。また、どうしても目頭部分が外れやすいので、フルサイズのつけまつげを使う時は目頭部分をカットして使いましょう。黒目から目尻までの内側ラインくらいの長さにカットし、目尻の方から目の中央へ向かってつけます。また、目頭からつけまつげをつけてしまうと、二重幅がつけまつげで隠れて一重まぶたに見えてしまうことも注意したいポイントです。

そして、つけまつげを選ぶ時は、根本が太いものを選びましょう。これは、まつげをつけまつげの根本で押し上げるようなイメージでつけることで、目元がぱっちりとしてより綺麗に見えるからです。

つけまつげのダメージはまつげ美容液で補修

つけまつげは便利なアイテムですが、実際に使おうとすると、意外にどうつければ良いのか迷ってしまう人もいます。自分の目に合ったつけ方を把握し、自然で綺麗なまつげに見えるように使って、より美しい目元を手に入れましょう。
目元の印象が人に与える影響は大きいので、貴女の変化に周囲の人も驚くに違いありません。

忘れてはならないのは、つけまつげは自然のものではないということです。うまくつけないとやはり違和感がありますし、外す際に自まつげが抜けてしまうこともあります。でも、まつげ美容液に配合されている成分は、まつげへのダメージを補修してくれます。つけまつげだけに頼らず、まつげ美容液でまつげを日常的にケアし、長く太く美しい自まつげを手に入れましょう。

SNSでフォローする