まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

長い下まつげで印象をガラリと変える方法

もうダマにならない!マスカラのコツを覚えましょう

顔立ちが似通った2人の女性がいるとします。
そして、これまた似通ったメイクをしているとします。
でも、2人に印象はなぜか違う…。
この原因は、いったいどのようなところにあるのでしょうか。
それは、下まつげの長さです。
目は口ほどに物を言うということわざがありますが、下まつげが長いというだけでその方の印象はガラリと変わり、あらゆる面で得をします。
そんな下まつげ、女性なら誰しもあこがれますよね。でも、生まれつきのものと思って、あきらめてしまってはいませんか?
この記事では、あなたが長く美しい下まつげを手に入れる方法、そして下まつげを魅力的に見せてくれるメイクの方法について紹介します。ぜひ、あなたも下まつげ美人を目指してください。

意外な立役者“下まつげ”がもたらす印象とは?

まず、下まつげが長い人が具体的にどのような得をするのか、考えてみることにしましょう。

小顔効果

印象的な目元は、その部分に他人に視線を引き付ける力があり、顔の輪郭から視線をそらさせる効果があります。
ですが、アイラインによる黒囲みメイクは、目の輪郭をくっきりと浮かび上がらせるために、逆に目の欠点も強調してしまう可能性が高いメイクの方法です。かといって、濃い色のアイシャドウをつけ過ぎてしまうと、派手すぎる印象になってしまう可能性も否めません。
メイク初心者の方であれば、いかにも「アイシャドウをつけました」という印象になっても、ある程度は仕方ないかもしれません。でも、そうでない方の場合では、メイクアップ用品を駆使してさまざまな色を乗せていくことより、ご自身の本来の魅力をしっかりと引き出せるメイクをマスターしておくことのほうが大切です。
そして、下まつげの長さを意識したナチュラルメイクこそが、女性本来の美しさを際立たせ、小顔効果も期待することができるメイクと言えるでしょう。
さらに、面長の方の場合では、下まつげにボリュームを持たせることによって面長の印象が薄くなり、優しい雰囲気がプラスさせるというメリットもあります。

美しいコントラスト効果

私たち日本人の黒い瞳が、じつは欧米の女性の憧れのひとつになっていることをご存じでしょうか。日本人の黒くて長いまつげも、それに憧れている欧米人女性がたくさんいるそうです。
では、その理由はどのようなところにあるでしょうか?
それは、黒い瞳と黒いまつげが織りなす、美しいコントラストです。
とりわけ、長い下まつげは黒い瞳をより美しく際立たせる役割を果たし、肌色を美しく見せる効果も期待することができます。

デカ目効果

下まつげが長いと、目元にやや影ができ、デカ目効果を期待することができます。
さらに、黒く長い下まつげは、黒囲みメイクのように目の輪郭をくっきりとあらわにしてしまうことがありませんので、きつい印象にはならず、逆に目元のソフトな印象をプラスする効果を狙うことができます。

横顔美人効果

ご自身の横顔って、あまり意識しませんよね?
ですが、他人から見たあなたの顔の印象は、正面からだけではなく、横顔の印象も含まれています。これらの二つの角度から見た顔が、あなたの顔の印象なのです。
このときのまつげの印象は、案外、他人の頭の中に残っています。上下のバランスが整ったまつげであれば、その印象はより一層強くなることでしょう。

普段あまり主張することがないのが下まつげですが、下まつげはあなたの顔全体を大きく変える可能性がある大切なパーツです。
それだけに、正しいケアやメイクの方法を知って、大切にしなければならないのが下まつげであるということを、ご理解頂けたのではないでしょうか。

美しい下まつげを手に入れるには?

それでは次に、美しい下まつげを作り出すためのケア方法についてご紹介しましょう。

正しいクレンジングと洗顔を行う

メイクをする方の多くは、メイクオフの際にクレンジング剤を使用しているのではないかと思います。クレンジング剤は、間違った使い方をすると、上まつげだけではなく下まつげにもダメージを与え、どうかすると抜けてしまうことすらあるのです。
目元のクレンジングを行う際には、まず、目元用のクレンジングで優しく撫でるようにアイメイクを落とし、その後に顔全体のクレンジングを行い、最後に洗顔フォームや石鹸でクレンジング剤を完全にオフしましょう。
また、付けまつげを使用している方の場合では、まつげに残った糊は無理に擦って落とすのではなく、目元用クレンジング剤を付けたらしばらく馴染ませ、その後にまつげの流れに沿って撫でるようにオフしてみて下さい。無理にゴシゴシと擦ってしまうと、まつげが抜ける原因になります。

タンパク質をきちんと摂取する

髪もそうですが、まつげの主成分はケラチンというたんぱく質ですので、偏食などによってタンパク質の摂取量が極端に不足すると、まつげが抜けやすくなります。
特にダイエットを行っている方の場合では、タンパク質不足の傾向が強いことが考えられますので、食事からの摂取カロリーは減らすとしても、良質なたんぱく質だけは、きちんと摂取することを心がけましょう。

まつげ育毛剤を用いる

ルミガンというまつげ育毛剤があります。ルミガンは、点眼薬から偶然誕生することになった製品で、まつげ育成効果を実感している愛用者がたくさんいます。緑内障や高眼圧症の改善薬に配合されているビマトプロストを使用していた方の中に、まつげの増毛効果が現れた方が存在し、この部分に着目して誕生したのがルミガンです。ジェネリックにはケアプロストがあります。
このルミガンやケアプロストには、次のような副作用の可能性が指摘されているので、使用には注意が必要です。「まつげ美容液では失明しないと言い切れる5つの根拠~まつげ美容液の主な副作用と予防法」」という記事で、このことについて詳しく触れています。

ただし、それらの副作用は、薬液が誤って目の中へ入ってしまった、あるいはまぶたに付着した際にに起こりうる症状ですから、まつげ自体に使用する分には問題ありません。ひとたび目に入ってしまったり、まぶたについてしまったりした場合には、副作用が現れる恐れがあります。

まつげ美容液でケアする

美しい下まつげを作り出す方法のひとつは、まつげ美容液によるケアです。
まつげ美容液は医薬品ではルミガンやケアプロストのような医薬品ではなく、天然植物エキスなど、人体に悪影響を及ぼす可能性が低い成分が配合されています。
また、これらの天然成分の中には、美まつげ効果だけではなく、目元の保湿やアンチエイジング効果を期待できるものもあります。まつげ美容液は医薬品ではないため、まつげ育毛剤の使用時ほど副作用を気にせずに使用できるというメリットがあります。
まつげ美容液は世に多く出回っていて、どれを選べばいいか迷ってしまうと思います。そこで、まつげ美容液を賢く選ぶための6つのポイントをまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

下まつげを美しく見せるメイクの方法

ケアプロストで下まつげを育毛したり、まつげ美容液でケアを始めても、即座に美しい下まつげが生えてくるわけではありません。これらの効果の現れ方には個人差があり、早い方の場合では2週間程度で効果が現れ始めることもあるようですが、多くの方は、1カ月程度で効果を実感しはじめるようです。
では、その1ヶ月間をどう過ごせばいいのでしょうか?
せっかく1カ月間という期間を与えられたのであれば、ひとまず先に、“下まつげが美しく見えるメイク”をマスターしてみてはいかがでしょうか。
それでは、下まつげを美しく見せるメイクの方法をご紹介することにしましょう。

用意するものは、ブラウンのアイペンシル、ビューラー、アイシャドウ、ブラックのマスカラです。また、マスカラには下まつげ用もありますので、マスカラ初心者の方は、通常とマスカラと下まつげ用のマスカラを用意しておくと便利です。

  1. 下まつげを美しく見せるメイクの方法アイシャドウをぼかします。ナチュラルメイクを目指すのであれば単色使い、複数のカラーを重ねるときには、それぞれ薄く乗せて行くことがポイントです。
  2. 下まつげを美しく見せるメイクの方法上まぶたにアイペンシルでアイラインを入れますが、あまり太く入れてしまうとナチュラル感が出なくなります。アイラインはまつげの生え際に沿って、幅2mm以内を目安に入れて行きます。
    目尻部分は、目尻の端から約1mm外側に伸ばして引くと、自然で切れ長な印象の目元になります。

    下まつげを美しく見せるメイクの方法また、下まぶたにはライン入れなくてもかまいませんが、入れたいのであれば目尻部分にぼかすように入れる程度に留めておきましょう。
    これができれば大丈夫!アイライナーのコツ」という記事で、アイライナーを上手に使い、理想の目元を手に入れる基本術を紹介しています。

  3. 下まつげを美しく見せるメイクの方法ビューラーで上まつげをカールしてマスカラを付けていきます。コツは、マスカラをまつげに対して平行に持ち、下から上へ持ち上げるようにして付けていくことです。
    そして次に、下まつげにもマスカラを付けていきます。これもまた、上まつげと同様の要領で付けていきますが、下まつげにダマができてしまったら目立つますので、マスカラの先端部分に液が多く付いているようなら、ティッシュで軽く液を取り除いておくと良いでしょう。
    また、下まつげの場合では、まつげに沿って平行に付けていく方法でもかまわないのですが、できれば1本ずつ丁寧に付けていくことをおすすめします。コツは、下に長く伸ばすことを意識するということです。

下まつげでのマスカラトラブル~こんなときにはどうすれば?

下まつげ同士がくっついてヒジキまつげになる…

これは明らかにマスカラの付け過ぎですので、マスカラを付ける段階で、つけ過ぎに注意しましょう。また、多く付けるつまりはなくても、多く付いてしまったというときには、ティッシュまたはコットンと綿棒を用意して修正します。
修正の方法はとても簡単、マスカラが乾く前に、ティッシュまたはコットンを下まぶたと下まつげの間に挟み、少量の水を付けた綿棒でマスカラを少しずつオフします。
もうダマにならない!マスカラのコツを覚えましょうという記事で、ヒジキまつげにならないための方法を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

どうしても下まぶたにマスカラがつく…

小道具を使ってマスカラを付けてみましょう。
その小道具とは、ティースプーンです。マスカラを付ける前に下まぶたと下まつげの間にティースプーンを入れ、スプーンのカールに任せてマスカラを付けていけば、下まぶたに付くことなく、綺麗にマスカラを付けることができます。

ここで差が出る!マスカラの塗り方8つのポイント」という記事で、上まつげ、下まつげそれぞれのコツを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まつげ美容液成分を配合したマスカラを使う

最近では、マスカラの中でも、まつげ美容液成分を配合したものがあります。毎日のお化粧だけでまつげが健康になるという優れものですので、こういったものをお使いになるのもおすすめです。詳しくはまつげ美容液入り、一石二鳥のマスカラでまつげケアしよう!という記事をご覧ください。

まとめ

今回は、下まつげによって変わる顔の印象や、下まつげや目元全体が美しく見えるメイクをご紹介させて頂きました。
下まつげ美人は一夜にして成らず。
魅力的な下まつげを作り出すには、ケアとメイクが重要なカギを握りますので、今回ご紹介したケア方法、そしてメイクの方法を、魅力的な下まつげ作りにお役立て下さいね!

SNSでフォローする