まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

アイライナーの賢い選び方!

今回はアイライナーを選ぶ基準についてご紹介します。

アイメイクに使う代表的なコスメといえばマスカラとアイライナー。ナチュラルで大きな瞳を演出するには欠かせないアイテムです。マスカラはスティック状になっていて、クシのようになっているブラシでまつ毛に……といった使い方をしますが、アイライナーにはリキッドタイプやペンシルタイプなど、さまざまな種類があります。それぞれに特色があり、うまく使いこなせば自分がなりたい目元に変身できるのです。
なんとなく選んでしまうことのないように、アイライナーについて詳しくお話ししましょう。

アイライナーには4種類あります

アイライナーには4タイプがあります。それぞれ特性が異なるため、自分にあったタイプを見つけてください。

最もポピュラーなのはリキッド

ドラッグストアなどでよく見かけるのがリキッドタイプ。アイライナー4種の中で最も選ばれているタイプです。蓋のついた筆ペンと同じ形状をしています。液状なので、乾くと艶やかに見えるのが特長です。目元をしっかり印象づけたいのならば、リキッドタイプを選びましょう。

肌なじみの良いペンシル

その名の通りペンシル=鉛筆タイプ。液タイプのアイライナーよりも肌馴染みが良く、より自然な印象に。4タイプの中でいちばん扱いやすいため、メイク初心者におすすめです。また、他のアイライナーでは表現しにくい「ぼかし」のテクニックを簡単に使うこともできます。

芸能人やモデルが使っているケーキ

まるで絵具のようなドライな固形のアイライナーです。リップバームと同じ蓋付きの容器に入っています。使い方も絵具と同様で、水を含ませた筆で溶かしながら使用。他のタイプよりも少々手間がかかるように感じられますが、マットでにじみにくい特長があります。そのため、芸能人やモデルはケーキタイプを使っているケースが多いようです。

自由度の高いジェル

容器はケーキと同様のリップバーム形ですが、最初から水が入っているためウエット。水を別途用意する必要はありません。使用感はリキッドと同様ですが、より水や皮脂に強いといった特長があります。また、ペンシルのような薄づきやぼかしを表現することもでき、4つの中でいちばん自由度が高いタイプと言えるでしょう。

筆先の太さにも注目して!使い分けのコツ

先述したアイライナーの種類の他に、もう一つ注目していただきたいのが太さ。細かな筆先はナチュラルな目元を演出できます。瞳をすっきりはっきり見せる、といったイメージでしょうか。濃いアイメイクが苦手な方や仕事の面接などかしこまった場所で使うメイクにおすすめです。
太めの筆先はゴージャスな目元を演出。芸能人のような華やかな印象になり、相手に瞳をしっかり印象づけます。とにかく目元をアピールしたい人はもちろんのこと、大人っぽいセクシーなイメージになるため、夜のデートなど落ち着いた場面におすすめです。
このようにアイライナーの太さだけで印象は大きく変わるもの。「今日のデートはちょっと太めにしてみよう!」というように使い分けできると、彼も新鮮な気持ちになってくれるかもしれません。さまざまな太さを試したい方は「ケーキ」または「ジェル」を選びましょう。細筆と太筆を用意しておけば、そのときの気分で気軽に使い分けができます。

ブラック派?ブラウン派?選ぶカラーでさり気なく印象が変わる

一般的なアイライナーのカラーバリエーションは、「ブラック」または「ブラウン」です。マスカラと同じカラーだからと無難なブラックを選んではいませんか。確かにブラックは目の周りの印象をアップし、印象的に仕上げてくれます。
しかし、実はブラウンも使えるカラー。ブラックほど主張をしないからこそ、自然で優しい目元に。ブラックよりも優しそうに見えると接客業の方が使っているケースが多いようです。目元がキツいと言われて悩んでいるのなら、ぜひブラウンを取り入れてみましょう。
また、ブラウンの場合は太いアイラインでも目立ちにくいため、「しっかりアイメイクをしているのにナチュラルに見える」といったいわゆる「アイドルメイク」でも活躍してくれます。

カラーアイライナーでプロのメイクに近づこう

アイライナーの主なカラーバリエーションは「ブラック」または「ブラウン」ですが、メーカーによっては「レッド」や「ブルー」といったものもあります。使うのが難しそうに感じますが、カラーアイライナーは非常におすすめです。
例えば、着物や浴衣を着るシーンでは、アイライナーのカラーを布地とあわせることで、一気に粋な雰囲気になります。ドレスも同様で、アイライナーを変えるだけで、まるでプロのメイクアップアーティストにお願いしたような華やかな仕上がりになります。

シーンに合せて機能を選ぼう

アイライナーを賢く選ぶ上でカラー以外に欠かせない要素がもう一つあります。それは機能面です。
代表的な機能はこの2つです。

  1. 水や汗、皮脂に強いウォータープルーフタイプ
    水や汗、皮脂に強いタイプです。メイク崩れしやすい夏場やプールやスポーツのシーンで使用されています。その他、思わず泣いてしまうような映画を観に行くようなときにも、これを使っておけば慌てることがありません。
    とにかく落ちにくい性質をもっているため、メイクオフをしたいときには別途専用リムーバーで落とすことになります。
  2. お湯でオフできるタイプ
    アイメイク専用のリムーバーがなくても洗顔だけで簡単に落とすことができると人気。落としやすいということは化粧直しが頻繁になるのでは?と心配になりますが、ご安心ください。最近は皮脂や汗に強いにも関わらず、お湯で簡単にオフできるアイライナーが続々登場。
    極力目の周りをこすらないことで乾燥や小じわから肌を守れるので、日常づかいのアイライナーとして選ばれています。

肌にやさしい!アイライナーの成分も要チェック

アイラインは、瞳のごく近く、デリケートな粘膜の近くに引くもの。そのため、肌に優しい成分が配合されているアイライナーもあります。もしアイライナー選びで迷ったときには成分表もチェックし、できるだけ肌にやさしいものを選びましょう。
主な成分は下記です。

高い水分保持力のある「セラミド」

まるでサンドイッチのように水分を挟み込んで逃さない働きをするのがセラミド。肌を外側から覆うことで乾燥から防いでくれます。よく耳にする保湿成分の中でも最も高い水分保持力があると言われてきます。

水分を逃がさない「ヒアルロン酸」

セラミドは水分を逃がさない働き。ヒアルロン酸は水分を抱え込む働きをもっています。なんと1グラムに6リットルの水分を抱え込むほど保水力があると言われています。与えた水分を逃さない働きが期待できます。

ダメージから肌を守る「グリセリン」

コスメだけでなく食品にも使われている成分。優れた保湿力をもち、肌のバリア機能を高め、ダメージから肌を守ってくれると効果が期待できます。

肌トラブルから守る「シルク」

シルクとは絹のことで、細胞修復作用・保湿作用・消炎作用といった肌トラブルから守ってくれる働きがあります。

美容液にも使われる「花のエキス」

野バラやカミツレなど「花の名前+エキス」は保湿のために配合。花のエキスはアイライナーだけでなく、美容液として使われる機会が多い成分です。

アイライナー各商品の成分について下記記事にまとめました。

まとめ~まつげのために、まつげ美容液の美容成分入りのものを

みんなが使っているから……で選ぶのではなく、自分にあったアイライナーを見つけてみましょう。アイライナーを変えるだけで理想の自分に近づけますよ。また、目元に沿って使用するアイラインは細かなテクニックが必要。勝負の一品を見つけたあとは鏡の前で練習あるのみです。
上の記事でも紹介しましたが、最近では、まつげ美容液としても使えるアイライナーがあります。デリケートな部分に使うアイライナーは、肌に優しく、まつげにも良い成分が配合されているものを選びたいですよね。おなじみのアイライナーを使うのであれば、まつげ美容液でのケアを日常的に欠かさないようにしましょう。

アイライナーを使うときコツについては次の記事に詳しく記しました。ぜひあわせてお読みください。

SNSでフォローする