まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

アイライナーのコツ~これができれば大丈夫!

「思いきりかわいらしく」
「今日はちょっとセクシーに」……
そんな目元の演出に欠かせないのがアイライン。アイライナーの種類や使い方によってまるで整形レベルの理想の目元を手に入れることができます。しかし、粘膜に近く細い部分にラインを引くのはなかなか大変。数あるメイク道具の中でも扱いが難しいアイテムです。一歩間違えるとパンダのようなアニマルメイクや派手なギャルメイクになってしまうことも珍しくありません。
今回はアイライナー入門編。アイライナーを上手に使い、理想の目元を手に入れる基本術をお教えしましょう。

まずは道具。初心者にオススメなのは「ペンシル」

ドラッグストアなどで販売されているアイライナーで、頻繁に見かけるのがリキッド(液)タイプではないでしょうか。コスメ情報掲示板でも、アイライナーの口コミトップはリキッドタイプばかり。つい評価の高いアイテムを購入したくなりますが、ちょっと待ってください。
アイライナー初心者におすすめなのはペンシルタイプです。リキッドタイプは色がしっかりとつき、印象が強くなるといったメリットがあるものの、慣れるまでは扱いにくいというデメリットがあります。失敗をすると非常に目立ってしまいますし、おまけにやり直しが難しいのです。
ペンシルタイプはまずは薄く描いてから濃くしていくといった方法が可能で、間違えても修正がしやすいのが大きなメリットです。リキッドタイプよりも肌馴染みが良くナチュラルなメイクができるため、初心者でも扱いやすいでしょう。さらにブラウン系のアイライナーを選ぶとブラックよりも印象が和らぎ、さらに扱いやすくなります。

アイラインの基本はインサイドを埋めること

釣り目風やたれ目風など、さまざまなアレンジはあるものの、アイラインの基本はインサイドを埋めることです。インサイドとはまつ毛のスキマや粘膜と皮膚の境界線の部分。アイライナーでなぞっただけではうまく色を付けることができないため、まぶたを持ち上げながら埋めていきます。

では、実際の手順をお話ししていましょう。

アイラインを入れるコツ

  1. まずは目の際内側のまつ毛とまつ毛の間を埋めるようにラインを引いていく
    アイラインを入れるコツ1
    その際に一気にラインを引くのではなく、目頭→中央・目尻→中央の2方向に分けて描くとうまく埋められます。ペンシルはやや寝かせ気味にするのもコツです。
  2. 目の際の外側ラインを先ほど描いた内側のラインに沿って引いていく
    アイラインを入れるコツ2
    1で埋めたところを繋いでいくイメージで。そのときにやや太めに描けばセクシーな印象に、細目に描けばナチュラルな印象に。理想の瞳をイメージして描いていきましょう。
  3. 目尻のラインを外に向かって伸ばす
    目元はスッと流すようにします。目尻に向かってペンシルを持つ手の力を抜くとキレイなラインが描けるでしょう。
    アイラインを入れるコツ3

瞳のタイプ別
アイラインで目元を美しく見せるコツ

アイラインの基本の引き方が分かったら、次はあなたの瞳のタイプによって少々アレンジが必要になります。目を美しく大きく見せるためにぜひ取り入れてくださいね。

一重 ~目を開けたときに見える太さに

  • まぶたを軽く押さえるように引っ張りながらラインを引く
    まつ毛の間をしっかり埋めていくようなイメージで丁寧に描いていきましょう。
    アイラインで目元を美しく見せるコツ
  • アイラインは太目に引く
    一重の場合は目を開けたときに見える程度の太さがベスト。後述しますがアイラインのにじみ防止にもなります。
  • 目尻は5㎜~7㎜とやや長く引く
    目尻のラインはやや長めに引くのが魅力的な瞳にするポイント。その際に跳ね上げてしまうとキツい印象になってしまうので、ゆるやかに延長をするイメージで描いていきましょう。
  • 慣れてきたらリキッドタイプに挑戦
    せっかく美しくアイラインが引けるようになっても、まぶたがかかってしまうと消えやすくなってしまいます。最近のペンシルタイプでも落ちにくいものが登場していますが、慣れたら素早く乾き落ちにくいリキッドタイプに挑戦してみましょう。
  • 最後の仕上げに綿棒で定着させる
    アイラインを描いたあと綿棒で軽くなぞりましょう。肌とアイラインが定着し、さらに落ちにくくなります。

二重 ~ペンシルタイプがおすすめ

  • 太いラインは化粧が濃く見える
    顔つきがキツく見えてしまいます。二重の方は細いラインが鉄則。
  • カラーは淡い色合いを選んで
    濃いブラックなどで思いきりデカ目メイクにしたくなりますが、ケバケバしく見えてしまいます。二重の方は淡いカラーを選びましょう。ブラックの中でもグレーがかったものがおすすめです。
  • アイラインになれてもペンシルが使える
    ……瞳の印象が強い二重の方はリキッドタイプでは濃いメイクに見えてしまいがち。アイラインの使いに慣れたとしても、ペンシルタイプの方がナチュラルな目元を演出できます。

奥二重 ~細いラインと太いラインの使い分けがキモ

  • まずはまつ毛の生え際ギリギリに引く
    生え際を埋めていくのは基本と同じですが、できるだけギリギリを丁寧に引いていくのがポイント。そうすることによって自然でありながらも大きな目元を演出できます。
  • アイラインが二重幅にかからないようにする
    大きな瞳にしたいからと二重幅にアイラインがかかると一気に不自然な印象に。ケバケバしいギャルメイクのように見えてしまいます。
  • 目の際は細く、目尻に向かって太くする
    単調なラインではなく強弱をつけてると美しい目元に。最初は全体的に細く描き、最後に目尻を太くしていくと描きやすいのです。最後は跳ね上げるとキツい印象になるため、延長線上に少し太めにサッと引いて終わるのがベスト。
  • 慣れてきたらリキッドタイプも◎
    細いラインと太いラインの使い分けがキモになる奥二重の場合、力のかけ方で簡単に強弱がつけられる筆のリキッドタイプもおすすめです。ペンシルタイプになれたらぜひ取り入れてみてくださいね。

アイラインのトラブル第一位!
にじみにくくするには?

うまくアイラインが引けるようになったら、その次に悩んでしまうのが、アイラインのにじみ。
にじみにくいアイライナーが登場していますが、それでもゲジゲジしてしまったり、よれてしまったりとトラブルが発生します。とくに奥二重と一重の方は悩まされることに……。
その理由は、瞳のかたちにあります。
まずいちばんアイラインがにじみやすいのが奥二重の方。奥二重はアイラインがまぶたでつぶれてしまい、にじんで見えてしまうのです。奥二重の場合は細めのアイラインが◎。目を開けたときにまぶたの間が埋まっていて、さらに二重幅に被ってない太さがベストです。
逆に、一重の方はやや太めに引きましょう。細いラインではまぶたに接してよれてしまうのです。目を開けたときにラインが見えるくらいの太さが美しく見えます。
そして全タイプ共通で気を付けたいのが油分。まばたきをしていると皮脂や他のコスメの油分が付着し、にじみやすくなってしまうのです。まずはメイク前にしっかりと皮脂をとっておきましょう。通常アイシャドウはアイライナーの前に使いますが、アイラインを引いたあとにもう一度重ねると蓋の役割をしてくれるため、くずれにくくなります。アイシャドウ→アイライナー→もう一度軽くアイシャドウの順番です。

理想の瞳を手に入れるには練習あるのみ!

アイラインはメイクの中でも難しいものです。美しいアイラインが引きたいのであれば、とにかく練習あるのみ。お湯で簡単にオフできる使いやすいアイライナーがあるので、練習にはそういったものを利用してみましょう。

アイライナーの選び方や、各商品の成分について下記記事にまとめました。自分に合ったアイライナーを選ぶ際の参考になさってください。

SNSでフォローする