まつげドットジェーピー|まつげ美容液とまつげケア情報専門サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液とまつげケア専門情報サイト

まつげ美容液入り、一石二鳥のマスカラでまつげケアしよう!

もうダマにならない!マスカラのコツを覚えましょう

この記事をお読みの皆さんであれば、フサフサまつげをめざして、まつげ美容液を常備されていることと思いますが、さて、ちゃんと毎日のケアを続けることができているでしょうか。
ちゃんとまつげケアをしたほうがいいとわかっていながら、つい忙しかったり忘れちゃったり、面倒で、なかなか続かないという人も多いのではないでしょうか。
時間のない朝に、まつげ美容液を塗るのはちょっと面倒ですね。美容液が乾かないままマスカラを塗ると、まつげがしっかりとカールしないから、まつげ美容液が乾くのを待って他のことをしたり…。
お化粧なら毎日するのだから、いっそのこと、マスカラがまつげ美容液の代わりになればいいのに、なんて思われた方はいませんか?
じつは、マスカラにまつげの美容液の成分が含まれていて、お化粧しながらまつげケアができてしまう、そんな優れものの美容液入りのマスカラを使う方が増えているのです。メイクしながら、素のまつげをケアする効果はもちろんのこと、美容液成分がたっぷり入っているおかげで質感がなめらかで、ダマになりにくく、美しくナチュラルに仕上がるともっぱらの評判ですよ。
では、おススメの美容液入りマスカラをご紹介ししょう。

おススメのまつげ美容液入りマスカラを紹介します

まつげ美容液は、まつげを伸ばす、増やす、抜けにくくする、太くするなど、まつげを健康にしてくれます働きがあります。毎日塗る、洗顔後に塗る、根元から塗るなど長期間続けるまつげのトリートメントのようなものです。カールを強くする力などはありません。
まつげ美容液成分の入ったマスカラというのは、メイクしながら、素のまつげをケアする効果があり、美容液成分が入っているから質感がなめらかで、ダマになりにくく、美しくナチュラルにまつげが仕上がります。基本的には「マスカラ下地」や「まつげ美容液」などに分類されていることが多いようです。

フローフシ モテマスカラ

http://flowfushi.com/motemascara/
まつげケアができる、まつげ美容液いらずの便利なマスカラです。まるで自まつげがそのまま伸びたような、ふんわり上向きの繊細セパレートロングを演出します。

[気になる成分は?]
水、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー、ミツロウ、DPG、ペンチレングリコール、ガーネット末、カルナウバロウ、ステアリン酸、PVP、AMP、パルミチン酸、ステアリン酸ソルビタン、ワセリン、ヒアルロン酸Na、パンテノール、ジメチコン、ポリエチレン、ナイロン-66、セテス-20、ポリソルベート60、ヒドロキシエチルセルロース、ナイロン-6、ミリスチン酸、EDTA-4Na、シリカ、酸化チタン、フェノキシエタノール、カーボンブラック
<ポイント> 独自のまつげ美容液成分「エンドミネラル」を配合しています。エンドミネラルとは、高濃度マイナスイオンを発生する鉱石で、様々な美容効果が期待できる注目の成分とのことです。

ペルル ド ビジュー ロングラッシュマスカラ

重ねるほどにぐんぐん伸びる、マスカラみたいな漆黒美容液。まつげにほどよく絡みながら繊細に長さを出すことができ、真珠のような上品な艶と濃密な黒さを与えます。

[気になる成分は?]
(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー、水、DPG、ミツロウ、ペンチレングリコール、ジメチコン、水添ロジン酸グリセリル、カルナウバロウ、ステアリン酸、ナイロン-6、PVP、ワセリン、パルミチン酸、ナイロン-66、AMP、ヒドロキシエチルセルロース、加水分解ケラチン、ケラチン、加水分解コラーゲン、加水分解コンキオリン、シルク、ハチミツ、ヒアルロン酸Na、オウゴン根エキス、アセチルテトラペプチド-3、アカツメクサ花エキス、センブリエキス、カニナバラ果実エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、オタネニンジン根エキス、ビワ葉エキス、アスパラギン酸Na、アセチルヒドロキシプロリン、アラニン、アルギニン、グリシン、グルタミン酸、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、セリン、トレオニン、ヒドロキシプロリン、プロリン、リシンHCl、デキストラン、ステアリン酸ソルビタン、セテス-20、ポリソルベート60、ミリスチン酸、キャンデリラロウエキス、BG、エチドロン酸4Na、シリカ、酸化チタン、フェノキシエタノール、カーボンブラック
<ポイント> マスカラ効果のある濃密な美容液をたっぷり配合し、美しいまつげへと導きます(生ケラチン、真珠エキス、12種の網野杏、アカツメクサ、オタネニンジン、オウゴン、センブリエキス(保湿)、ハチミツ(保湿)

EMAKED(エマーキット)

http://shop.484364.com/products/cosmetics/ema_ked/index.html
まつげ美容液「EMAKED(エマーキット)」は、とっても細いブラシが特徴!
栄養たっぷりの美容液が絡められた極細ブラシが、まつげとまつげのスキマの根元にスッと入り込んで、しっかりと塗ることができます。極細ブラシでムラなく使え、毎日朝晩使っても、じっくり2ヶ月くらいは使用可能。コストパフォーマンスは良いと思います。使い続けると、まずは”まつげのハリ感”に変化が出てきます。

[気になる成分は?]
水・加水分解ムコ多糖・ヒアルロン酸Na・カプリリルグリコール・ヘキサペプチド-2・パルミトイルペンタペプチド-4・乳酸Na・PCA-Na・ソルビトール・プロリン・リン酸Na・ビオチン・チャ葉エキス・オタネニンジン根エキス・イチョウ葉エキス・塩化Na・パパイア果実エキス・ブドウ種子エキス・シルクアミノ酸・ フェノキシエタノール・ホクベイフウロソウエキス・カンゾウ根エキス・パンテノール(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)))クロスポリマー・ポリソルベート20・TEA・メチルパラベン・エチルパラベン・プロピルパラベン・ブチルパラベン・イソブチルパラベン
<ポイント> くっきりと際立つハリツヤまつげを目指すために、まつげにたっぷりのうるおいを与えてくれる保湿成分が配合されています。(ヒアルロン酸、イチョウ葉エキス、ペプチド、ビオチン、オタネニンジン根エキス、ブドウ種子エキス、シルクアミノ酸、カンゾウ根エキス、パンテノールなど)

デコラガール  クーピー柄カラーマスカラ

https://decora-girl.com/item/2445.html
色のプロが実現した「美彩発色」で目元が変わる。艶やかクーピーカラーでまつ毛を思い通りのカラーに。ひと塗りでボリュームUP。カービングブラシで目頭・目尻もひと塗りでエクステ級のボリューム。マツエクにも相性がよく、マツエクと自まつ毛をしっかりなじませて、自然な仕上がり。汗、涙、皮脂に強いウォータープルーフタイプ。気持ちはずむフローラルの香り付き。

[気になる成分は?]
水、コメヌカロウ、アクリレーツコポリマーアンモニウム、ポリメタクリル酸メチル、ベヘン酸、PG、パラフィン、ナイロン-66、ステアリン酸、ステアリルアルコール、ベヘニルアルコール、アロエベラエキス-1、ザクロ花エキス、センブリエキス、パンテノール、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ビオチノイルトリペプチド-1、ボタンエキス、1,2-ヘキサンジオール、AMP、BG、エタノール、カルナウバロウ、キサンタンガム、クエン酸、グリセリン、シリカ、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルグルタミン酸Na、セテス-20、ヘキサパルミチン酸スクロース、ぺンチレングリコール、ポリグリセリン-10、ポリソルベート60、ポリビニルアルコール、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、香料、三リン酸5Na、デヒドロ酢酸Na、メチルパラベン、炭、酸化チタン、酸化鉄、赤202

メデコ  くっつきませんカラ

http://www.ishizawa-lab.co.jp/medeco/
メイク直しのアフタービューラーOKで、マスカラ後にグイッとカーラーしても、まつげ同士がくっつかないマスカラです。ウォータープルーフ・美容液成分配合。

[気になる成分は?]
水、ステアリン酸グリセリル、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム、ペンチレングリコール、トリ脂肪酸(C18-36)グリセリル、ステアリン酸、ミツロウ、カルナウパロウ、AMPD、トリアコンタニルPVP、パンテノール、セイヨウアカマツ球果エキス、グリシン、塩化亜鉛、チャ葉エキス、ビオチノイルトリペプチド-1、セチルリン酸K、PVP・イソステアリン酸デキストリン、グリセリン、トコフェロール、アクリレーツコポリマー、ピロ亜硫酸Na、グンジョウ、マイカ、酸化チタン、酸化鉄、シリカ

キングダム ツーステップマスカラ フィルム

http://www.qtis.jp/feature/07/
カールをしなやかに、しっかりキープする半透明のカールキープ下地と、繊細まつげに仕上げるロング&セパレートマスカラのWエンドタイプ。

[気になる成分は?]
水、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム、ステアリン酸、ミツロウ、カルナウバロウ、アラビアゴム、TEA、BG、ナイロン-66、ジステアリン酸スクロース、加水分解ダイズタンパク、加水分解ケラチン、スクワラン、オリーブ果実油、アーモンド油、マカデミア種子油、アルニカ花エキス、グリセリン、ヒドロキシプロピルセルロース、トコフェロール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ジメチコン、DPG、フェノキシエタノール、セタノール、EDTA-2Na、ステアリルアルコール、酸化鉄、酸化チタン、シリカ[キングダム TSマスカラベース F]成分:シクロペンタシロキサン、イソドデカン、パラフィン、ミツロウ、マイクロクリスタリンワックス、ポリソルベート80、DPG、パルミチン酸デキストリン、カルナウバロウ、イソステアリン酸、ワセリン、アカツメクサ花エキス、アセチルテトラペプチド-3、パンテノール、ビオチノイルトリペプチド-1、オクタペプチド-2、カミツレ花エキス、グリセリン、トコフェロール、デキストラン、BG、フェノキシエタノール、水、タルク、シリカ
<ポイント> 加水分解ケラチン、加水分解ダイズタンパク、スクワラン、アーモンド油、マカデミア種子油、オリーブ果実油、アルニカ花エキス

msh(エム・エス・エイチ) ラブ・ライナー トリートメントマスカラ ロング

http://www.msh-labo.com/loveliner
美容液成分(プラセンタ、パンテノール、加水分解コラーゲン)配合でまつげを1dayパックしているかのようにトリートメントし、さらに白目が綺麗に見える瞳クリアパールを配合したロングタイプのマスカラ。アーチ型ブラシでまつげのカールにしっかりフィットし、長めの繊維成分が美しいロングまつげを演出します。優れた耐久性で汗・涙・皮脂をシャットアウト。速乾性に優れているので重ね塗りにも。ぬるま湯で簡単にメイクオフできます。

[気になる成分は?]
水、アクリレーツコポリマー、BG、カルナウバロウ、ミツロウ、アクリル酸アルキルコポリマー、ステアリン酸、(VP/エイコセン)コポリマー、ベヘニルアルコール、PVP、ステアリン酸グリセリル、ナイロン-6、ポリステアリン酸スクロース、シリカ、AMP、メチルパラベン、ヒドロキシエチルセルロース、ラウレス-21、PEG-40水添ヒマシ油、ポリアクリル酸Na、パンテノール、加水分解コラーゲン、リン酸アスコルビルMg、グリセリン、加水分解ケラチン(羊毛)、プラセンタエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、オタネニンジン根エキス、キサンタンガム、ポリソルベート80、白金、ビオチノイルトリペプチド-1、レシチン、香料、カーボンブラック、酸化鉄、酸化チタン、マイカ、コンジョウ
<ポイント> 保湿成分配合でまつげを1dayパック(プラセンタ、パンテノール、加水分解コラーゲン)

リンメル  グレートカール マスカラ 24(ボリュームロング)

http://www.rimmellondon.jp/product/eyes/eyes_27.html
まつげにやさしい美容液成分たっぷり&ぬるま湯で簡単オフできるフィルムタイプのマスカラ。

[気になる成分は?]
水、(アクリレーツ/アクリル酸エチルヘキシル)コポリマー、ミツロウ、アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム、BG、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、シリカ、(アクリレーツ/VA)コポリマー、ステアリン酸、水添ポリイソブテン、ポリ酢酸ビニル、ポリプロピレン、カルナウバロウ、ポリエチレン、TEA、ポリステアリン酸スクロース、ポリソルベート80、エタノール、トコフェロール、パンテノール、ローズマリーエキス、BHT、DPG、EDTA-2Na、PEG-20ソルビタンココエート、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、アクリル酸アルキルコポリマー、コレステロール、シメチコン、ジメチコノール、スクワラン、ステアリン酸グリセリル(SE)、セスキオレイン酸ソルビタン、セテアリルアルコール、セテス-25、トリメチルシロキシケイ酸、ヒドロキシエチルセルロース、ポリビニルアルコール、ラウリル硫酸Na、ラウレス-21、ラウロイルリシン、水添レシチン、デヒドロ酢酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン・(+/-)、黒酸化チタン、酸化鉄
<ポイント> つけている間中、ずーっとまつげケア。うるおいを与え、すこやかなまつげをキープ。保湿成分:ローズマリーエキス、スクワラン まつげ保護成分:パンテノール

まつげ美容液入り、一石二鳥のマスカラでまつげケアしよう! まとめ

まつげ美容液成分入りのマスカラの一番の利点は、なんといっても、お化粧しながらまつげケアをしてくれるところです。さらに、美容液成分が入っていることによって、マスカラ自体の質感が滑らかになり、ダマのないきれいな仕上がりになることも、まつげ美容液成分入りマスカラのおススメポイントです。自まつげを育てたいけど、美容液だけをケアとして塗るのは面倒に感じる方にはぴったりですね。
マスカラを買い替えるときには、ぜひ次はまつげ美容液成分入りのマスカラを検討してみてはいかがでしょうか。どれもドラッグストアや百貨店で気軽に買えるものばかりですよ。
失敗しないマスカラの塗り方については、マスカラの塗り方8つのポイントで差をつけよう!という記事を参考にしてください。

SNSでフォローする